クラウド録画サービスのセーフィーと秘密計算のEAGLYS、AI画像解析でサービス開発

© 株式会社マイナビ

クラウド録画サービス「Safie」を運営するセーフィーは1月25日、秘密計算技術やAIの開発・解析サービスを展開するEAGLYS(イーグリス)社と、製造現場の生産ラインで発生する不具合をAI画像解析技術で検知するサービスの共同開発を行い、実施した実証実験で高精度の検知率を実現したことを発表した。

共同開発するAI画像解析サービスは、クラウド録画サービス「Safie」とEAGLYS社のAI画像解析技術を組合せたもので、高精度AI画像解析カメラで製造工場や物流センターの生産ラインをモニターし、不具合や異物の検知と、映像を活用した遠隔から管理、記録、確認などを行う。

実証実験では、実験用に開発した工場向けシステムを活用し、現状の生産設備や従業員の作業導線を変更せずに、目視で24m先の異物を91%の精度で検知できる検証結果を確認。両社は今後、現場に合わせたカメラの画角、AIの調整を行い更なる精度を目指し本格サービスに向け開発を進める。

共同開発を行うEAGLYS社は、データを暗号化したままデータ活用できる技術「秘密計算」を利用したデータセキュリティ、データ活用サービスやAIアルゴリズム設計・解析サービスを行うベンチャー企業。秘密計算ソフトウェア「DataArmor(データアーマー)」シリーズの開発、販売を行っている。