今年こそチャレンジ!WEBが苦手な人でもできる「スマホ乗り換え」の方法

© 株式会社光文社

コロナ禍でひっ迫した家計に、なんとか無理なく余裕を持ちたい! 王道なのはやはり、「固定費の見直し」だ。

「格安スマホが安い」とよく聞いても、契約のむずかしさと万一使えなくなったらという不安で、乗り換えを先送りにする人が多い。

「スマホを乗り換えれば、月5,000円ほど安くなる人が多い。夫婦2人だと月1万円ですから、1年で12万円お得に。10年で120万円も浮きます。老後資金が切実な世代ならなおさら、今すぐ見直し、乗り換えをお勧めします」

そう話すのはファイナンシャル・プランナーの西山美紀さん。

’21年には大手キャリアがWEB申込専用プランの提供を始めた。ますます選択肢が増え複雑だ。

■スマホ・携帯電話会社の特徴

【大手キャリア】ドコモ/au/ソフトバンク/ 楽天モバイル(※1)

1カ月の料金目安:3,000〜8,000円が多い(※1)
店頭での相談:○
データ通信量:さまざま
音声通話の料金:さまざまなプランがある

【大手キャリアのWEB専用プラン】ahamo(ドコモ)/povo2.0(au)/LINEMO(ソフトバンク)

1カ月の料金目安:2,500〜3,000円が中心/povo2.0は0円〜、LINEMOは990円〜
店頭での相談:原則WEBのみ(ahamoは店頭での有償サポートあり)
データ通信量:20GB中心(povo2.0は組み合わせ自由/LINEMOは3GBも)
音声通話の料金:5分通話無料か、別料金のオプションプラン

【大手キャリアの別ブランド】UQモバイル(au)/ワイモバイル(ソフトバンク)

1カ月の料金目安:990〜3,000円程度
店頭での相談:○
データ通信量:3GBを中心に、ほかのプランも
音声通話の料金:10分通話無料など別料金のオプションプラン

【格安SIM】マイネオ/OCNモバイルONE/イオンモバイルなど

1カ月の料金目安:550円程度〜
店頭での相談:マイネオ/イオンモバイルは店舗、OCNモバイルONEは家電量販店で相談可能(※2)
データ通信量:500MB〜自由に選べる
音声通話の料金:さまざまなプランがある

※1:楽天モバイルは大手キャリアの1つで、月1GBまでは0円、3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、20GB超は3,278円。※2:一部の格安SIMはネット相談のみ。

「携帯電話会社を大きく4つのグループに分けて、特徴を整理してみましょう。1つめはドコモやau、ソフトバンクに楽天モバイルを加えた大手キャリアです。店舗で契約や相談ができ、月額料金は3,000〜8,000円という方が多い印象です。長い間、契約を見直していない方は、大手キャリアの利用者が多いでしょう。ただ楽天モバイルは’19年に第4のキャリアとなり、ほか3社とは異なる低価格路線を貫いています」

大手キャリアの利用者が乗り換えるとしたら?

「残る3つのグループが、乗り換え先の候補になるでしょう。1つめは大手キャリアのWEB専用プランです。auのpovo2.0は自由に通信容量などを選べますし、ソフトバンクのLINEMOには3GBプランもありますが、もともとは20GBと比較的大容量を使う方が対象でした。これは、契約も故障などの対応も原則WEBのみで、その分低価格です。なかでもドコモのahamoだけは、有償ですが店頭でサポートが受けられます」

ハードルが高そうだ。

「2つめは大手キャリアの別ブランドで、UQモバイルとワイモバイルです。料金は990〜3,000円程度と比較的安く、独自の店舗があります。いつでも駆け込んで相談できるのは安心でしょう」

■自分がどれだけ容量が必要なのか考えて

料金がもっとも安いのは?

「3つめの格安SIMです。月額料金は各社通信量などによりますが、550円など1,000円を切るプランもたくさんあります。マイネオやイオンモバイルは独自の店舗があり、OCNモバイルONEなどは家電量販店に窓口があるので、そこで相談することもできます。とはいえ、契約も相談もWEBのみという格安SIMの会社もたくさんあります」

3GBや20GBといったデータ容量はどう決めればいいのか。

「自分のデータ使用量はスマホの『設定』で確認できます。目安としてメールやLINEなら3GBで十分ですが、Wi-Fiというネット環境がないところで動画をよく見る方は20GBなど大容量が必要でしょう」

音声通話をよく使う場合は、かけ放題プランもチェックしよう。

友達なら「LINE通話」や「スカイプ」など無料で通話できるアプリを利用するのも一手だ。友達と相談してアプリを決め、徐々にシフトするとよいだろう。

「また、『家族割』などの割引を利用している方は、乗り換えると家族の料金にも影響が及びます。家族ともよく相談してください。格安SIMに家族割に似た割引があることも。家族そろって乗り換えるのもお得だと思います」

乗り換えは電話番号を変えなくてもできるが、問題はメールアドレスだ。

「まず電話番号は、携帯電話会社を変える前に、自分で『MNP予約番号』を取得します。電話をかけるだけなので、簡単です。また、メールアドレスですが、’21年末から@docomoや@ezweb、@au、@softbankが、他社に乗り換えた後も月300円程度で使えるサービスが始まりました。メールアドレスを変えるのがイヤで乗り換えを躊躇していた方には朗報ですね」

■WEBが苦手な人も無理せず乗り換えを

こうした乗り換え手続きは、WEBで行うことが増えている。

「できればWEBに慣れて、新しい割安なサービスをどんどん利用できればいいのですが、スマホの契約は複雑です。店頭での申し込みでも、今の料金より割安になる手段はありますから、自分に合った方法で乗り換えるといいと思います」

WEBが得意な人は、情報を集め自由に乗り換えができるだろう。

不安なのはWEBが苦手な人だ。それでもチャレンジしようと思える人は、困ったときに頼れる店舗や窓口のある会社を選ぶとよい。WEBがまったく苦手な人は、大手キャリアの別ブランドや、店舗・窓口のある格安SIMを利用すれば、これまで同様お店の人に教えてもらいながら契約できて、スマホ代を節約することもできる。

「それでも携帯電話会社を変えることに抵抗があるなら、今のデータ容量や通話プランを見直してみましょう。『LINE通話を使うようになって、電話回線での通話が減った』『在宅勤務が増えた』など以前と使い方が変わった方は特に、見直しで携帯料金が安くなる可能性があります」

さらに、使っていない有料オプションがそのままになっている人も。不要オプションを洗い出し解約すれば、月額料金は安くなる。たとえば月額はわずか300円のオプションでも、1年で3,600円。10年で3万6,000円。ムダ遣いのチリツモを放置してはならない。

「オプションの見直しは、携帯会社に相談するとよいでしょう」

WEBでも店頭で相談するアナログ手法でも、あらゆる手を尽くして、スマホ代を節約しよう。