MediaTek、プレミアムChromebook向け6nmプロセスSoC「Kompanio 1380」を発表

© 株式会社マイナビ

MediaTekは1月26日、プレミアムChromebook向け6nmプロセス採用SoC「Kompanio 1380」を発表した。

同製品は、最大3GHz動作のArm Cortex-A78コア×4を含むオクタコア構成を採用しているほか、Arm Mali-G57コア×5、クアッドチャネルの2133MHz LPDDR4Xなどをサポートすることで、最大2台の4K 60Hzディスプレイ、または1台の4K 60Hzディスプレイと2台の4K 30Hzディスプレイをサポートしているという。

また、マルチコアAIプロセッサ「MediaTek APU 3.0」も搭載することで、AIカメラアプリケーションやAI音声アプリケーションを高速化しつつ、バッテリーライフの最適化を図ることを可能としたともしている。

さらに、専用のDSPを搭載することで、さまざまな音声アシスタントサービスに対応する低消費電力のボイスオンウェイクアップ(VoW)機能も提供されるほか、Wi-Fi 6/6EとBluetooth 5による無線ネットワーク接続にも対応しているという。

なお、同製品を搭載する最初のChromebookはAcer Chromebook Spin 513だと同社では説明している。