Xiaomi、「Redmi Note 11」シリーズをグローバル発表

© 株式会社マイナビ

シャオミ(Xiaomi)は1月26日、オンラインで新製品発表会を開催し、「Redmi Note 11」シリーズのスマートフォン4機種、およびそれに搭載される独自UI「MIUI 13」、さらに空気清浄機「Xiaomi Smart Air Purifier 4」を発表した。いずれも日本での発売については未定。

発表された製品は下記のとおり。

Redmi Note 11 Pro 5G/Redmi Note 11 Pro

上位モデルにあたるのは「Redmi Note 11 Pro 5G」「Redmi Note 11 Pro」の2機種。「Redmi Note 11 Pro 5G」は、「Redmi Note」シリーズ待望の5Gモデルとなる。

カラーはそれぞれ3色。グラファイトグレー/ポーラーホワイトは「Redmi Note 11 Pro 5G」「Redmi Note 11 Pro」に共通のカラーで、それに「Redmi Note 11 Pro 5G」の独自カラーであるアトランティックブルー、「Redmi Note 11 Pro」の独自カラーであるスターブルーが加わり、両機種とも3色のカラーバリエーション展開となる。

最大の特徴となるのはカメラ。通常はハイエンド機に採用される1億800万画素のメインカメラをミドルレンジ機でありながら搭載。「Redmi Note 11 Pro 5G」はメインカメラ/超広角カメラ/マクロカメラ、「Redmi Note 11 Pro」はメインカメラ/超広角カメラ/深度センサーというカメラ構成だ。低光量下でもディティールを逃さない撮影が可能なナイトモード2.0、肌の色やスタイルを的確にとらえて人物を背景から際立たせるボケを表現できるポートレートモードのほか、シネマモード、スローモーション、ビデオフィルターなど多彩な撮影機能を利用できる。

ディスプレイは6.67インチのAMOLEDディスプレイ。表示リフレッシュレートが120Hzでスムーズな表示が行え、タッチサンプリングレート360Hzでレスポンスに優れた操作が可能となっている。表面はCorning Gorilla Glass 5。

バッテリは5,000mAhで、67Wのターボ充電に対応。67W対応の充電器が同梱されており、15分で丸一日使えるくらいの充電が可能だ。CPUは、「Redmi Note 11 Pro 5G」がQualcomm Snapdragon 695で、「Redmi Note 11 Pro」がMediaTek Helio G96。

価格は、「Redmi Note 11 Pro 5G」のRAM6GB/ストレージ64GBモデルが329ドル、RAM6GB/ストレージ128GBモデルが349ドル、RAM8GB/ストレージ128GBモデルが379ドル。さらに早割価格が設定されており、6GB/64GBモデルが299ドル、6GB/128GBモデルが329ドル、8GB/128GBモデルが349ドルとなる。早割は2月16日~17日にAliExpressのみの販売。

「Redmi Note 11 Pro」はRAM6GB/ストレージ64GBモデルが299ドル、RAM6GB/ストレージ128GBモデルが329ドル、RAM8GB/ストレージ128GBモデルが349ドル。6GB/64GBモデルのみ279ドルの早割価格が設定されている。早割は「Redmi Note 11 Pro 5G」と同じく、2月16日~17日にAliExpressで販売される。

Redmi Note 11S/Redmi Note 11

続いて紹介されたのが、ベースモデルにあたる「Redmi Note 11S」「Redmi Note 11」の2製品。

「Redmi Note 11S」は「Pro」2機種と同じ1億800万画素のメインカメラを搭載したモデル。メインカメラ/超広角カメラ/マクロカメラ/深度センサーの4眼構成となる。CPUはMediaTek Helio G96。

「Redmi Note 11」も同じく4眼構成のカメラを搭載するが、メインカメラは5,000万画素となる。CPUはQualcomm Snapdragon 680。6nmプロセスのこのCPUを搭載したことで、電力効率が20%向上しているという。

カラーは、「Redmi Note 11S」「Redmi Note 11」に共通のグラファイトグレー/トワイライトブルーと、「Redmi Note 11S」の独自カラーであるパールホワイト、「Redmi Note 11」の独自カラーであるスターブルーで、それぞれ3色のカラーバリエーション。

ディスプレイは6.43インチのAMOLEDディスプレイで、ミドルレンジながらFHD+の解像度に対応。リフレッシュレートはベースモデルでは初めて90Hzとなった。輝度は最大1,000nit。表面はCorning Gorilla Glass。

バッテリは5,000mAhで、33Wでの充電が可能。同梱の充電器は、従来の同容量の充電器にくらべて急速充電性能が26%向上しているという。

価格は、「Redmi Note 11S」の6GB/64GBモデルが249ドル、6GB/128GBモデルが279ドル、8GB/128GBモデルが299ドル。6GB/64GBモデルには229ドルの早割価格が設定されており、2月16日~17日にAliExpressで早割価格での販売が行われる。

「Redmi Note 11」は4GB/64GBモデルが179ドル、4GB/128GBモデルが199ドル、6GB/128GBモデルが229ドル。早割価格は、4GB/64GBモデルが159ドル、4GB/128GBモデルが179ドル、6GB/128GBモデルが199ドルとなる。

MIUI 13

さらに、「Redmi Note 11」シリーズに搭載される独自UI「MIUI 13」の機能についても紹介された。

Liquid Storageは、長く使い続けることでストレージ内のデータが断片化し、アクセス速度が低下するのを防ぐ技術。これにより、通常は50%まで低下する36カ月間利用後のアクセス速度を当初の95%で維持することができるようになったという。

Atomized Memoryは非アクティブなバックグラウンドアプリを終了するなどしてメモリの利用効率を改善する技術。Forcused AlgorithmsはCPUリソースの配分を最適化する技術。Smart Balanceはパフォーマンスとバッテリのバランスを最適化する技術。

こういった技術に加え、UIに加わったサイドバー機能などが「MIUI 13」のおもな特徴となる。「MIUI」のユーザーは5億ユーザーを超えており、「MIUI 13」へのアップデートは現行のXiaomiスマートフォン向けにもリリースされる予定だ。

Xiaomi Smart Air Purifier 4シリーズ

最後に紹介されたのは空気清浄機の「Xiaomi Smart Air Purifier 4」シリーズ。

中でも最上位モデルの「Xiaomi Smart Air Purifier 4 Pro」については、寿命が従来の倍の1年間に延びた3-in-1フィルター、スマートフォンとの連携機能、マイナスイオン発生器の搭載、PM2.5/PM10の浮遊物をより正確に検出するためのセンサー強化、Googleアシスタント/Alexa対応といった特徴が紹介された。

シリーズは3モデルで、最上位の「Xiaomi Smart Air Purifier 4 Pro」が399ドル、中位モデルの「Xiaomi Smart Air Purifier 4」が299ドル、ベースモデルの「Xiaomi Smart Air Purifier 4 Lite」が199ドルとなる。