日本、中国下し2位堅持

W杯予選、伊東3戦連発

© 一般社団法人共同通信社

日本―中国 後半、チーム2点目のゴールを決め、笑顔を見せる伊東(右から3人目)ら=埼玉スタジアム

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組第7戦は27日、各地で行われ、日本は埼玉スタジアムで中国を2―0で下して本大会出場圏内の同組2位を堅持した。前半に大迫(神戸)のPKで先制し、後半に中山(ズウォレ)の左クロスから伊東(ゲンク)が3試合連続となるゴールを頭で決めて突き放した。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング26位の日本は5勝2敗の勝ち点15。オーストラリアはホームでベトナムに4―0で大勝し、勝ち点1差の3位。5位の中国は1勝2分け4敗となった。

 残り3戦の日本は、2月1日に埼玉スタジアムで首位のサウジアラビアと当たる。

日本―中国 後半、ヘディングで、チーム2点目のゴールを決める伊東(中央)=埼玉スタジアム
日本―中国 前半、先制のPKを決める大迫(手前右)=埼玉スタジアム