「少し相手のリズムに付き合った」遠藤航、日本代表の戦いをこう見た

© 株式会社コリー

日本代表チームは27日、ホームでワールドカップ予選の中国戦に臨み、大迫勇也と伊東純也のゴールで2-0と勝利を収めた。

【動画】鮮やかなヘディングで追加点を叩き込んだ伊東純也

試合後、『DAZN』のインタビューに応えたキャプテンの遠藤航は以下のように話し、少し相手のリズムに付き合ってしまったと語った。

遠藤航

「とにかく勝つことが重要だったので、それができて良かったです。

(点が取れなかった時間帯について)もちろんチームとしては前半で2点目が取りたかったので、それをトライしていたんですけど。

相手もかなりブロックを引く中で、さらにそこまで前から来ない。そこでちょっとボールの動かし方が相手のリズムになってしまったかなと。

そこはもうちょっとテンポを上げてボールを動かす、あるいはもっと縦に勝負しても良かったのかなと思っています。

その後追加点が取れたのでそれは良かったと思いますし、後ろもしっかり集中してゼロで抑えたので、この勝利は大きいです。

しかし次が大事なので、またチーム全体でいい準備をしていきたいなと思っています。

(キャプテンを務めたことについて)特に自分のプレーを変えるつもりはなかったです。セカンドボールを拾うことだったり、奪ったあとの切り替えのところで自分がボールを回収できるように、いつもどおり意識してプレーしました。

サウジアラビアには前回負けているので、しっかりホームで借りを返して、勝点3を取れるように頑張っていきたいと思います」