【シンガポール】F1シンガポールGP、28年まで開催延長[観光]

© 株式会社NNA

F1シンガポール・グランプリの開催期間は、2028年まで7年間延長されることが決まった(フォーミュラワン提供)

自動車レース「F1シンガポール・グランプリ(GP)」を主催するシンガポールGP(SGP)とシンガポール政府観光局(STB)は27日、F1シンガポール・グランプリの開催期間を2028年まで7年延長することが決まったと発表した。これに伴い、今年は3年ぶりに国内でF1が開催される見通しだ。

F1を運営するフォーミュラワンとの契約期間は、直近で18~21年の4年間だった。ただ新型コロナウイルス禍で20年、21年と2年連続で開催を中止していた。シンガポールでは2008年の初開催以来、4~5年間ごとに契約を更新していたが、今回は最も長い契約期間となる。

12回目の開催となる今年のF1シンガポールGPでは、新型コロナの感染対策を徹底する。決勝の開催日は10月2日だ。

シンガポールGPのオン・ベンセン会長は「契約期間が7年延長されたことは非常に喜ばしい。F1開催を通じてシンガポールが(コロナ禍でも)経済ビジネス活動の再開に前向きであることを示したい」と述べた。