スウェーデンが最終処分場承認、世界2例目

© 一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】スウェーデン政府は27日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場を同国南部に建設する計画を承認した。稼働は2030年以降の見通し。世界初のフィンランドに続き、世界で2例目となる。