Appleの10〜12月期、売上高初の1200億ドル超え、1〜3月期も好調続く見通し

© 株式会社マイナビ

米Appleが1月27日 (現地時間)に発表した同社2022年度第1四半期(2021年10月〜12月)決算は、売上高・利益とも過去最高だった。全てのハードウェア製品がサプライチェーン混乱の影響を受けたものの、iPhoneとMacが売上高の過去最高を更新。同社のプラットフォームの力強さを示すアクティブデバイス数が18億台を突破した。

10〜12月期の売上高は過去最高の1239億4500万ドル(前年同期比11%増)、純利益は346億3000万ドル(同20%増)だった。希薄化後の1株あたり利益は2.10ドル。市場予想の平均は、売上高1183億8000万ドル、1株利益1.88ドルだった。以下は製品カテゴリー別の売上高(増減は前年同期比)。

  • iPhone:売上高716億2800万ドル (9%増)
  • Mac:売上高108億5200万ドル (25%増)
  • iPad:売上高72億4800万ドル (14%減)
  • ウェアラブル/Home/アクセサリ:売上高147億100万ドル (13%増)
  • サービス:売上高195億1600万ドル (24%増)

「ウェアラブル/Home/アクセサリ」と「サービス」の売上高も過去最高だった。iPadが失速したが、サプライチェーン混乱の影響を10〜12月期に最も受けたためで、iPadに対する需要の強さに変化はなく、インストールベースのアクティブデバイス数は増加した。リテール事業も売上高と顧客満足度の過去最高を更新した。

地域別ではアメリカスが売上高514億9600万ドル(前年同期比11%増)、中国が257億8300万ドル(同21%増)だった。欧州と他のアジアパシフィック地域も売上を伸ばした中で、日本は71億700万ドル(同14%減)と減少した。

新型コロナ禍においてAppleは業績ガイダンスを公表していない。オミクロン株の感染拡大、米国のインフレ加速と金融引き締めによる景気減速を懸念する見方が広がる中、カンファレンスコールでCFO(最高財務責任者)のLuca Maestri氏は1〜3月期も成長が継続する見通しを示した。サプライチェーンの混乱は10〜12月期の最も悪化した状態から、1〜3月期に改善し始めているという。