河北抄(1/28):昨年の米アカデミー賞助演女優賞に輝いた俳…

© 株式会社河北新報社

 昨年の米アカデミー賞助演女優賞に輝いた俳優ユン・ヨジョンさん。韓国系移民家族の苦闘を描いた映画『ミナリ』で孫を相手に花札に興じる破天荒な祖母を演じ、物語に寓話(ぐうわ)的な奥行きを加えた。
 花札の絵柄は日本とほぼ同じ。でもよく見ると、小野道風が韓服姿だったり、吹き流しの字がハングルだったり。遊び方にも韓国流のアレンジがあるとか。
 大ヒットドラマ『イカゲーム』には『だるまさんが転んだ』が登場して話題になった。韓国カルチャーに詳しい同僚によると、他にも『かごめかごめ』にそっくりな『カンガンスルレ』など、よく似た遊びはかなり多くあるという。
 日韓関係はかつてないほど冷え込んだまま。せめて共有する文化の豊かさに目を向け、改善の糸口を探れないものか。
 韓国の反発で世界文化遺産に推薦すべきか否かで揺れた「佐渡島の金山」(新潟県)の行方も心配だ。自民党の高市早苗政調会長は「国家の名誉に関わる」と国会で断固推薦を訴えている。花札では流れに逆らって大きな役を狙ってもうまくいかないのが相場だが、さてどうか。