お得な山陽・山陰エリアパスを活用!岡山、鳥取、島根の美しさに触れよう

© 株式会社MATCHA

山陽・山陰エリアパスで西日本をお得に周遊

訪日観光客にとって日本旅行の悩みの種が交通費です。そんなとき各鉄道会社のフリーパスを使えば、交通費を節約して移動時間を短縮できることも! コストを気にせず、おもいきり楽しい旅ができますよ。

とくに西日本を一周したい人に「山陽・山陰エリアパス」はぴったり。連続7日間使用できるこのパスは、上の図のように適用範囲が広く区間内の山陽新幹線と特急列車の指定席に乗車できます。

大阪の関西国際空港に到着してすぐ使えるのもポイント。なにより7日間でたった20,000円(税込※海外販売価格)、1日平均2,900円以下ととてもお得なのが嬉しいですね。

観光チケットのフリーパス、Discover Another Japan Passと併用しよう!

西日本のなかでも岡山、鳥取、島根の3県は訪日観光客の注目を集めるエリア。

このエリアの観光スポットの入館料や体験料に使えるお得なフリーパスが「Discover Another Japan Pass」です。山陽・山陰エリアパスで3県を訪れたら、Discover Another Japan Passを併用してお得にスポット巡りをしましょう。

島根の「足立美術館」や岡山の「大原美術館」といった美術館は必訪。鳥取の美しい浦富(うらどめ)海岸では遊覧船への乗船が外せません。

節約しながら芸術や日本庭園などの「美」の饗宴を楽しめます。

岡山県

瀬戸内海に面し、温暖な気候から"晴れの国"と呼ばれる岡山県。日本三大庭園のひとつ「岡山後楽園」や、美しい町並みを誇る倉敷美観地区が有名ですが、「吉備津神社」と「鷲羽山展望台(わしゅうざんてんぼうだい)」もオススメです。

吉備津神社

岡山市北区の吉備津神社はパワースポットとしても知られる古社。主祭神はこの地を統治していた大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)。有名な日本の童話「桃太郎」のモデルとされる人物です。

境内に足を踏み入れると、珍しい形の屋根をした本殿が見えます。これは比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり、別名・吉備津造り)と呼ばれる神社建築様式。本殿は日本の国宝に指定されています。

地形に沿って建てられた「廻廊」も見どころ。実際に立ってみると、廊下がどこまでも無限に伸びていくような錯覚に陥ります。

歴史を感じる雰囲気のこちらは時代映画のロケ地になることもしばしば。多くの映画ファンが劇中のワンシーンを一目見ようと訪れます。

アクセス:JR岡山駅からJR吉備津駅まで約18分。JR吉備津駅から徒歩で約10分。

鷲羽山展望台

瀬戸内海を中心とする「瀬戸内海国立公園」は日本最初の国立公園。代表的な指定区域「鷲羽山」は美しい景観で近年、訪日観光客の注目を集めています。とくに絶景が望める展望台は大人気。

山頂は標高133メートルと低めですが、岡山と対岸の四国をつなぐ瀬戸大橋、海に浮かぶ小島の風景を存分に楽しめます。「日本の夕陽百選」に選ばれた夕景も必見。

アクセス:JR岡山駅からJR児島(こじま)駅まで約20分。その後、路線バスで約30分。

鳥取県

日本海側の鳥取県へは、岡山や大阪から鉄道で気軽に訪れることができます。今回ご紹介するのは代表的な観光スポット「鳥取砂丘と浦富海岸」、「倉吉(くらよし)白壁土蔵群」です。

鳥取砂丘と浦富海岸

日本でもっとも知られた砂丘・鳥取砂丘はその絶景はもちろんですが、さまざまな体験・アクティビティも待っています! 砂丘でのラクダ乗り、砂丘ヨガ、砂絵体験など。

体を動かすのが好きな人には、砂丘でのファットバイクやパラグライダー、セグウェイ体験もオススメです。

また、鳥取砂丘近くにある、世界で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示する砂の美術館は必見です。美術館の入館にDiscover Another Japan Passが使えます。

アクセス:JR鳥取駅から路線バスで約20分。

鳥取砂丘から車で20分ほどの浦富海岸は、日本海が沿岸部を浸食してできた自然の景勝地。一帯は「山陰海岸ジオパーク」の一部でもあります。

全長約15キロメートルの海岸線に、海蝕洞(波浪による侵食で海食崖に形成された洞窟)、洞窟、白砂浜などの地形が広がる様子は、まるで天然の地形博物館のよう。

ここではぜひ浦富海岸島めぐり遊覧船に乗船してみてください。海上から、青く透明な日本海と海岸の奇岩巨石を眺め、鳥取の魅力に触れましょう。遊覧船にはDiscover Another Japan Passが利用できます。

アクセス:JR鳥取駅からJR岩美駅まで約25分。JR岩美駅から路線バスで約15分。

倉吉白壁土蔵群

上の写真の歴史ある雰囲気。江戸時代にタイムスリップしたような気がしませんか。県中部、倉吉市の倉吉白壁土蔵群は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された美景スポット。

倉吉絣や浴衣を着てゆっくり散歩をすることもできますし、はこた人形への顔描き体験のような伝統工芸の体験をしたりして、思い思いの時間を過ごしながら街の雰囲気に浸りましょう。

アクセス:JR倉吉駅から路線バスで約10分。

島根県

県内を舞台にした神話が残ることから、"神話のふるさと"と呼ばれる島根県。縁結びにご利益のあるスポットが多く「ご縁」を求める人が日本中から訪れます。女性にも人気の旅先です。歴史ある建物・街並みも残る地域です。

オススメは「出雲大社」と「松江城」。

出雲大社

日本の神話の舞台のひとつ。島根でもっとも有名な場所といえば「出雲大社」です。神話によると毎年旧暦10月、日本の神々が出雲大社に集って人々の縁について話し合うとされ、とくに恋愛の良縁を求めて多くの人が参拝に訪れます。

ほかの神社と異なり「二礼、四拍手、一礼」の作法で参拝する点に気をつけましょう。

アクセス:JR出雲市駅から路線バスで約25分。

松江城

江戸時代から現存する天守閣は日本に12あります。そのひとつが島根の市街地にある「松江城」のもの。国宝に指定されています。松江城を訪れるなら春。桜と天守閣の共演は美しい絵画のようです。

ぜひ堀の遊覧船に乗って、ロマンチックな桜と城の雅な雰囲気を感じてください。遊覧船にDiscover Another Japan Passが利用できます。

アクセス:JR松江駅から路線バスで約10分。

(山陰への旅動画挿入)

観光列車「あめつち」で鳥取〜島根間を移動

鳥取から島根の移動には観光列車「あめつち」を利用しましょう。"あめつち"の名前は、山陰地方を舞台にした神話が記された『古事記』の冒頭から。

鳥取駅から出雲市駅間を土曜、日曜、月曜限定で運行するあめつち。内装には智頭杉(ちずすぎ)、隠岐黒松など地域の木材や、因州和紙、石州瓦(せきしゅうがわら)といった伝統工芸品を用いています。

全車両グリーン車です。山陽・山陰エリアパスで乗車できますが、別途グリーン券が必要です。

詳細は公式HPをご覧ください。

観光列車「あめつち」公式HP:https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_tottori/ametuchi/(日本語)

山陽・山陰エリアパスの発行方法が変化!みどりの券売機で受け取ろう

以前は駅構内の窓口での引き換えだった山陽・山陰エリアパスが、自動券売機で発行できるようになりました。

JR西日本管轄の駅で上の写真のような「みどりの自動券売機」を探してください。自動券売機は英語や中国語、韓国語にも対応しています。

発行方法:

__1\.言語を切り換えて「予約したきっぷのお受取り」を選択
2.予約時に登録したクレジットカードを挿入。駅で支払う場合「QRコード or 予約番号」ボタンを押して予約時に発行されたQRコード、または予約番号を入力
3.利用条件など情報を確認
4.券売機の側にあるスキャナでパスポートをスキャン
5.券売機からきっぷが出てくるので受け取る__

利用方法にも変化が。以前は乗車や下車時に駅スタッフがいる改札口を通らなければなりませんでしたが、いまでは普通のきっぷと同じように自動改札を通過できます。

さらに気軽に旅ができるようになって、嬉しいですね!

安心の「Travel Support by JR-WEST」と新型コロナ感染予防

JR西日本では新型コロナウイルス感染防止のために、従業員マスク着用、車両の消毒・換気を徹底しています。JR西日本の新型コロナウイルス感染予防対策について詳しくは公式サイトをご覧ください

さらに、JR西日本のパスを購入すれば「Travel Support by JR-WEST」が利用可能。多言語による医療相談や災害時の避難状況の提供など、旅の緊急時にサポートを受けられます。

困ったことが起きたら、このサービスが利用できることを覚えておきましょう!

山陽・山陰エリアパスで美しい風景を楽しもう!

岡山、鳥取、島根の三県には今回紹介した場所以外にも、まだたくさんの素晴らしい風景やおいしいグルメがあります。山陽・山陰エリアパスを使ってお得に周遊しましょう!
ほかにもたくさんの乗り放題パスをご用意しているので、旅行行程に合わせてご利用ください