阪神の40歳糸井「サバイバル」

キャンプはフルメニューへ

© 一般社団法人共同通信社

打撃練習する阪神・糸井=甲子園の室内練習場(代表撮影)

 プロ19年目のシーズンを迎える阪神の糸井嘉男外野手が28日、甲子園球場で練習を公開し、屋内で励んだ打撃ではセンター中心に鋭い打球を放った。7月に41歳となるベテランは沖縄県宜野座村でのキャンプインを控え「サバイバルだと思っている。調整ではなく、フルメニューをこなす」と闘志をたぎらせた。

 今月には後輩の佐藤輝とともに、オリックスで同僚だった吉田正と一緒に練習した。パ・リーグで2年続けて首位打者に輝いた、一回り年下のスラッガーが重点的に股関節などの柔軟性を高める姿を間近で目にし「すごく勉強になった」と貪欲に吸収した様子だ。