竹下景子さん名誉館長に、神戸

「こども本の森」震災継承へ

© 一般社団法人共同通信社

阪神大震災から23年となった2018年1月17日、詩の朗読をする竹下景子さん=兵庫県西宮市

 神戸市は28日、建築家安藤忠雄さんが阪神大震災の記憶継承などを目的に中央区の公園「東遊園地」に建設し、市に寄贈した子ども向け図書館「こども本の森 神戸」の名誉館長に俳優の竹下景子さんが就任すると明らかにした。同館は3月25日に開館する。

 市によると、竹下さんが被災者の詩の朗読などに携わってきたことから就任が決定。竹下さんは「子どもたちが命の大切さを学ぶ手伝いができたら」、安藤さんは「継承に尽力してきた竹下さんの就任は心強い」と、それぞれ市を通じてコメントを発表した。

 東遊園地には阪神大震災の犠牲者を追悼する「慰霊と復興のモニュメント」がある。