【高校野球】明秀日立の三塁手は鷹・小久保2軍監督の甥っ子 叔父の教えで狙う甲子園での本塁打

© 株式会社Creative2

ソフトバンク・小久保裕紀2軍監督を叔父にもつ明秀日立・小久保快栄【写真:小谷真弥】

明秀日立・小久保快栄はソフトバンク小久保2軍監督の甥「恥ずかしくないプレーを」

偉大な叔父へ甲子園アーチを届ける――。4年ぶり2度目の選抜大会出場を決めた明秀日立(茨城)で三塁を守るのが、ソフトバンク小久保裕紀2軍監督の甥に当たる小久保快栄内野手(2年)だ。「小学校の頃から比べられたり、いつもプレッシャーはあったんですけど、これも自分の宿命だと思っています。注目されやすいので、恥ずかしくないプレーをしないといけない」と言葉に力を込める。

【表】第94回選抜高校野球大会出場の全32校一覧

小久保2軍監督の実弟で、父の隆也さんは智弁和歌山の投手として2度甲子園に出場。その父の実家がある和歌山へ帰省した際には、親族でバッティングセンターへ。その際にプロ通算413本塁打をかっ飛ばした叔父からもらった助言は今も胸に刻んでいる。

「バッティングは太もも内側の筋肉が大事だ」

当時はまだ小学生。叔父の助言を理解することができなかったが、体の成長と共に分かっていったという。「(打撃で)左足を上げた時にどうしても外側に体重がかかっていた。中学2年生ぐらいになってから、言われていたことは大事だなと思うようになりました」。何度もうなずいた。

188センチの大型三塁手。昨秋に79キロだった体重は83キロに増量した。高校通算4本塁打だが、打球に力強さは増している。「(小久保2軍監督から)昨秋の関東大会の準々決勝(健大高崎戦)で勝った後に『おめでとう』とLINEをもらいました。嬉しかったです。甲子園で活躍しているところを見てもらいたいです。場面、場面に応じた打撃をする中で本塁打が出ればいい」。叔父を彷彿とさせる笑みを浮かべた。(小谷真弥 / Masaya Kotani)