首相「一時見送り」に反論

方針転換の指摘当たらず

© 一般社団法人共同通信社

「佐渡島の金山」の世界文化遺産登録をユネスコに推薦すると表明する岸田首相=28日夜、首相官邸

 岸田文雄首相は28日、「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産登録に向けた推薦決定に関し、一時は見送りを検討していたとの見方に反論した。官邸で記者団に「本日決めた。変わったとか(方針を)転換したという指摘は当たらない」と強調した。

 安倍晋三元首相らの推薦要求が判断に影響を与えたかを問われ、自民党内にも「いろいろな意見があった」と説明。「登録するためには、いつ申請するのが効果的かという物差しに従い、冷静に検討を続けてきた」と語った。

 安倍氏ら関係者には、推薦決定後に電話で報告したとも明らかにした。