戸上隼輔「気持ちの面で1球1球頑張るしかない」 上田に快勝で4強入り<全日本卓球2022>

© 株式会社ラリーズ

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日~30日 場所:東京体育館>

29日、全日本卓球選手権は6日目を迎え、男子シングルス準々決勝に戸上隼輔(明治大)が登場。全日本社会人王者の上田仁T.T彩たま)を4-0のストレートで破り、ベスト4に進出した。

試合後、戸上が報道陣の質問にオンラインで答えた。

戸上隼輔インタビュー

写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

準々決勝を振り返って

昨日から、上田選手と当たるということで、不安でいっぱいで勝てるかなっていう自信は正直なかったんですけど、チャレンジャー精神をもって試合に挑んだ結果が、こうやって競った場面でも勝ち取れたのかなと思います。

試合前の不安はどういった理由か

過去の戦績から、2試合ぐらいしかしてないんですけど、あまりいい印象を持った試合ができてなくて、上田選手は戦術をうまく立てて相手の弱点を突いてくる選手なので、僕も沼にはまるかなって思ってたんですけど、そこの不安要素が一番大きかったです。

第2ゲームについて

第2ゲームのデュースになった時から、19-17の終わりまでずっとゲーム序盤の気持ちを忘れずに、焦らず1球1球粘るだけだと自分に言い聞かせてプレーしてたので、大きなラリーでは取られてしまったんですけど、そのあと立て直すことができたので、それは良かったなと思います。

明日への抱負

波乱が多い中で、自分が勝ち残ることができているというのは非常に自信になりますし、明日優勝することで世界で活躍するための第一歩を踏み出せるのではないかと思っていて、明日は第一歩として優勝目指して頑張りたいと思います。

写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

有観客試合の感想

昨日と今日で緊張感が全然違くて、非常に僕は有観客のほうが好きだなと感じました。

身体の変化やトレーニングについて

トレーニングについてはずっと、日本代表のウェイトトレーニングを継続していて、最近重りも上げていってるので、それが身に見えるくらい筋力も、前よりも人一倍大きくなったのかなと自分でも実感していて、周りからもよく言われるんですけど、非常に自分にとっては嬉しいなと思います。

今日、上田選手と試合した時に、フォア対フォアで押されることなくプレーできたというのは、下半身が強くなったなというのが一番大きいんじゃないかなと思います。

ウェイトが変わったとかは?

今まで100キロでスクワットをしていたところ、今は110キロとか。10キロでも全然違うので、あそこまで上げられるようになったのは、自分自身継続していて良かったなと思います。

いつぐらいから?

年明けてからですかね。

決定力が上がっているのは実感しているか

世界選手権で、王楚欽(ワンチューチン・中国)選手に惨敗してしまって、あの時の悔しさというのも一日も忘れることがなかったので、あの欠点がフィジカル面であったことが非常に大きかったので、今回上田選手の時にパワー負けすることがなかったことは非常に良かったなと思います。

第2ゲームのタイムアウトで話したこと

あの時は、タイムアウト明け(自分)サーブだったんですけど、レシーブがフォア前に来る確率が多かったので、そこをチキータでいってもいいんじゃないかとコーチにアドバイスを頂いて、策を練ろうと思ったんですけど(上田選手に)見事に外されてしまって、でも戦術は基本的にそういうところしか言われてなくて、後は気持ちの面で1球1球頑張るしかないなと話してました。

男子シングルス準々決勝

上田仁(T.T彩たま)0-4 戸上隼輔(明治大)〇
4-11/17-19/6-11/9-11

文:ラリーズ編集部