全日本卓球、伊藤・早田組がV4

男子は宇田・戸上組

© 一般社団法人共同通信社

女子ダブルスで優勝した伊藤(右)、早田組=東京体育館

 卓球の全日本選手権第6日は29日、東京体育館で行われ、女子ダブルス決勝は伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が宋恵佳、成本綾海組(中国電力)に3―1で勝ち、男女を通じてダブルス最多に並ぶ4大会連続優勝を果たした。早田は混合ダブルスに続く2冠。

 男子ダブルス決勝は宇田幸矢、戸上隼輔組(明大)が張本智和(木下グループ)森薗政崇(BOBSON)組に3―2で勝ち、初優勝した。

 シングルス準々決勝で女子は伊藤と早田、木原美悠(エリートアカデミー)らが勝ち上がった。