サッカー代表、南野ら軽めの練習

中山は室内調整

© 一般社団法人共同通信社

サウジアラビア戦に向け、調整する南野=千葉市内

 サッカー日本代表は29日、千葉市内でサウジアラビアとのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組第8戦(2月1日・埼玉スタジアム)に向けて練習し、27日の中国戦に先発した南野(リバプール)長友(FC東京)ら10人はパス交換など軽めのメニューで汗を流した。

 久保建(マジョルカ)らは変則的なミニゲームなどで1時間半ほど体を動かした。前日の練習で左足のつま先を痛めた中山(ズウォレ)は検査で異常はなかったが、無理はせず室内で調整した。

 日本は5勝2敗の勝ち点15でB組2位。サウジアラビアは同19で首位に立っている。