早田・伊藤「話し合ってなくても意思疎通している」 女子ダブルスで4連覇達成<全日本卓球2022>

© 株式会社ラリーズ

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日~30日 場所:東京体育館>

29日、全日本卓球選手権は6日目を迎え、女子シングルス決勝戦に伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアが登場。宋恵佳(中国電力)/成本綾海(中国電力)ペアに3-1で勝利し4連覇を達成した。

試合後、伊藤・早田が報道陣の質問にオンラインで答えた。

伊藤美誠・早田ひな優勝会見

写真:伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

4連覇の感想

伊藤:4連覇なんですけど、一回空いてるので何かいつもと違う感じ、雰囲気なんですけど、最後勝つことができてうれしかったですし、それこそ苦しい場面でも一本どうとるかっていうのをしてきたというか、何年間もやってきたことが結果につながったと思います。

本当にどちらが勝つか分からない試合でしたけど、苦しい部分を乗り越えて、解放感を感じています。

早田:4連覇した感じはなくて、東京五輪が終わって新たに出発した女子ダブルスの全日本での一発目の試合という感じで試合に入っていったので、世界選手権の反省を活かしつつ、あとは自分たちのレベルと全日本のレベルを合わせていかないといけなかった。

決勝でも向かってくる相手に対して、戦術のどの選択をするのかを2人で話し合ったり、話し合ってなくても意思疎通している部分があったりとか、伊藤選手と組ませていただいているからこそ苦しい場面を乗り越えられたのかなと思います。

女子ダブルスの先のビジョン

早田:ここからパリ五輪に向けての選考が始まっていくので、東京五輪は自分は会場で見させてもらっても1番のダブルスはすごく重要だなと感じましたし、そこで中国を倒すには、自分たちの力というのがそこそこ中国人選手が本当に警戒するところまで来てると思うので、伊藤選手とずっと組ませていただけるのであれば、中国人選手に勝って世界選手権や五輪で金メダルを取るのが最終目標ではあるのでそれまでは2人で諦めず、根気強く頑張っていきたいと思います。

伊藤:東京五輪の前はダブルスを組む機会がなかったんですけど、これからWTTとかワールドツアーが入ってくる中で、中国人選手に負けっぱなしで終わりたくないので、自分自身がシングルスで勝ってこそダブルスを組ませていただけると思うので、自分の実力を上げるのはもちろん、今回全日本でいろいろな選手と試合させていただいたんですけども、海外の試合でもたくさんの選手と試合ができたらいいなと思うので、しっかりといろいろな選手に勝てる力をつけていけたらいいなと思います。

シングルスに向けての意気込み

伊藤:明日は木原選手と対戦するんですけど、久しぶりの試合で実力もすごく上がってますし、明日すごく楽しみだなという感覚。いろいろな選手と試合できてて、なかなか試合できない選手ともできましたし、全日本らしさがあると思うので、明日はまず目の前の試合、自分の力を出し切ることを意識して、いい結果が出るように頑張ります。

早田:準決勝は、石川選手に勝った加藤選手で、選考会などでもあたってきた選手で粘り強くて、それが彼女の特徴でもあるので、明日の試合は苦しくなるかなとは思うんですけど、最後まで攻め切って自分らしさを出して、後悔をしないように試合できたらいいなと思ってます。

決勝で2人が当たる可能性もあるが

伊藤:勝たないと当たれないので、準決勝という目の前の試合を勝つことが一番の目標ではあるので、最後までしっかり勝ちにいく姿勢、気持ちも大事ですし、どうやって一本取るかを考えながらやることが勝つことだと思うので、そこができれば可能性はあると思います。

早田:お互いに強い選手と戦って上がってきてる選手なので、私たちも決勝に行けるか分からないですし、そのくらい日本のレベルが高いのでまず目の前の試合を乗り越えるということを一番に考えて、私としては4、5年準決勝で伊藤選手と当たる組み合わせだったので、決勝で当たれたら嬉しいなとは思いますし、決勝で当たった時には2人でお互いの力をすべて出し合って試合ができたらいいなと思ってます。

世界選手権から全日本選手権までの調整

早田:世界選手権の時は、特に伊藤選手がそうなんですけど、何度も何度も対戦してきている中で私たち2人の打ちにくいコースであったり、2人を重ねるように厳しいコースに打ってきたりだとかそういった部分で点数を取られてしまうことがあったので、そこをやらせないためにサーブを工夫したり、伊藤選手が回り込んで勝負かけにいったりとか、私も飛びついたときに相手の打ちにくいコースに打てたり、そういった部分で工夫をしてきたのはあります。

基本は難しい展開にならないように、難しくなったらすぐ展開を変えたりだとか、後は常に上に行けるように2人で話し合ったりしてました。

伊藤:もちろん全日本の組み合わせが決まってから、この選手たちが上がってくるだろうと想定して、それこそ今回は初戦から異質のいるペアと対戦して、その中で1人1人違うラバー貼ってますし、同じ(ラバー)でもちょっと違うというか、使ってる選手で違ってくるので、どのように対応するかを頭もフル回転、身体もフル回転という状態で、いろいろなラバーで練習してきたからこそ良かったんじゃないかなと。

特にサーブ3球目、レシーブ4球目というのもやってきたので、そこは本当に良くなったんじゃないかなと思います。

女子ダブルス決勝

写真:伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

〇伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命) 3-1 宋恵佳(中国電力)/成本綾海(中国電力)
12-10/7-11/14-12/11-5

文:ラリーズ編集部