JAF関西支部でスイーツのナンバー1を決める人気投票開催中!

© 奈良テレビ放送株式会社

 JAF【(一社)日本自動車連盟】では、会員に向けてのお得な情報サービスを紹介するWEBサイト「JAFナビ」にて、「関西ご当地情報グランプリ2022冬」と題したスイーツ特集をしています。関西各支部(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀)のJAF職員が、それぞれの地域でおすすめの洋菓子や和菓子などのスイーツを紹介。どこが1位を勝ち取るかの人気投票も行っています。奈良支部からは、3店舗がエントリーされているとのこと。これは応援しなければ!ということで、JAF奈良支部推進課会員事業係の田中綾香さんと一緒に、田中さんイチオシのいちご専門店「大仏いちご」に行って来ました。

―――まずは「JAF」について教えていただけますでしょうか?

田中:JAFって、車が故障した時の救援にだけ利用するものというイメージが強いですが、実は、会員証を見せるだけでお得な優待サービスなどが利用できる施設がたくさんあるんです。「いつでもどこでもJAF」というスローガンを掲げ、さまざまな情報を「JAFナビ」でご紹介することで、デイリーに活用していただきたいと思っています。会員の方の暮らしに溶け込んで、毎日の生活が楽しく豊かになるような企画に力を入れています。

―――今回、スイーツ特集の企画はどこから始まったのですか?

田中:関西では、職員がおすすめする企画で、JAFの優待が使える店舗の中から、関西のおいしいスイーツを紹介しようということになり、もちろん奈良支部もエントリーしました。そして、日頃の優待とは別に期間限定のアプリクーポンを提供いただいているので、ぜひ活用いただけたらと思います。

―――クーポン付きなのは嬉しいですね!奈良支部がおすすめされる3店舗のスイーツは、どのように選定されたのですか?

田中:はい。スイーツを扱ってるお店はいっぱいある中で、奈良支部の職員全員で悩みながら決めました。

1つめは、奈良県香芝市にある連日即完売!「モンブランパフェ専門店 mont blanco」の、栗とホイップとカスタードクリームのバランスが絶妙なモンブランパフェです。

食べているのはJAF奈良支部の松田美優さん。「即日完売してしまう日もあるくらい人気。マロンはもちろん、甘さ控えめのクリームもおいしいのでぜひ食べてみてください!」(店舗詳細はJAFナビをチェック!)

田中:2つめは、宇陀市にある盆栽を眺めながらゆっくりできるカフェ「町家盆栽Cafeコトノハ」の看板商品である厚焼きホットケーキ。奈良県産の希少な小麦粉「ふくはるか」を使ったホットケーキはとにかくふっくらしていて絶品なんです。

「表面はカリッとしていて中はふわふわ。余熱で溶けたバターがゆっくり染み込んで、ほっこり幸せな気持ちになります。ホイップクリームやアイスクリームのトッピングもできますよ!」と田中さん。(店舗詳細はJAFナビをチェック!)

―――JAFナビを拝見すると、どのスイーツも詳細に取材されていて、食べたくなりますね。そして、3つめのスイーツが、今日お伺いする「大仏いちご」さんですね。

田中:はい、奈良三条通りにある「大仏いちご」のBIGいちご大福です!こちらは奈良県産の新鮮な朝摘みいちごを堪能できるいちごの専門店なんですよ。これからが旬なので、ぜひ味わっていただきたいと思いお連れしました!

3Lサイズのいちごを使ったその名も「BIGいちご大福」(300円)。(店舗詳細はJAFナビをチェック!)

田中:いちごの横についてる鹿クッキーがキュートなんです!朝摘みいちごはその日のお楽しみですが、「ことかBIG大福」(500円)なら、奈良県でしか生産していない希少な古都華が必ず乗っています。

店主の唐津志帆さん(右)にインタビューするJAFの田中さん(左)

―――田中さんがおすすめする「大仏いちご」のいちご大福は、他とどう違うのですか?

田中:よく見るのはいちごが大福の中に包まれていますが、「大仏いちご」さんの大福はいちごが大きすぎてドンっと上に乗っているんです。初めて見た時、いちごの大きさに驚いたのは言うまでもなく、食べて二度目のビックリ!糖度が高く、果肉からあふれでるジューシーな果汁。口の中にいちごの香りが広がり、そこに甘さ控えめの粒あんと、やわらかい餅が口の中でおいしいハーモニーを作り出し、あまりのおいしさに顔がほころんでしまいました。

「最初にいちごのヘタ側と大福をいっしょに食べ、次に鹿クッキー、最後にあま~い いちごの先端部分という順番で食べるのが好き!」と笑顔いっぱいの田中さん。

―――どんないちごを使っておられるのでしょうか?

田中:店主の唐津さんに伺うと、毎朝摘みたてのいちごを契約農家さんを数件回って仕入れていて、その日の収穫具合によって大福の上に乗るいちごの品種は変わるのだそうですよ。古都華、あすかルビー、かおりの、ゆめのかの4種類ありますが、私は濃厚な味わいの古都華が好きです。

いちごの品種によって、断面や味が違います。

唐津:古都華はひとつの苗で実る量が少ないのと、生産している農家が少ないため貴重なんです。古都華を育てているのは今のところ奈良県だけですので、奈良に来られたら、ぜひ古都華を食べていただきたいと思います。よかったら、今日は古都華、あすかルビー、ゆめのかの3種類の食べ比べセットがありますので、違いを感じてみてください。3Lサイズと大きいものを仕入れているので食べ応えありますよ。

少し小ぶりな上段三つが古都華、二段目の三つがあすかルビー、下段三つがゆめのか。この奈良県産朝摘み3種の詰合せセットで1000円。

田中:わ~。では、いただきま~す!ゆめのか、すごく甘いですね~。あすかルビーはさっぱりして果汁たっぷり!古都華は艶々してなんて綺麗なんでしょう!味が濃厚!

いちごの食べ比べをする田中さん。ショーケース奥にある屋外ベンチに座って、石油ストーブにあたりながらイートインすることもできる。

―――こうして食べ比べすると、違いがはっきりわかって、これからいちごの味わい方が変わりそうです。実際にお店に来てみると、新しい発見をすることがたくさんありますね。今日は連れて来ていただいてありがとうございました。

田中:今回の企画がきっかけで、多くの方に奈良のおいしいものを味わってもらえる機会になればうれしいです。奈良支部の職員がおすすめする3つのスイーツの中から「食べてみたい!」と思うものをぜひひとつ選んで投票してください!もちろんJAFの会員の方でなくても参加できます。投票期間は3月15日(火)17時までとなっています。

―――わかりました!投票するには以下のサイトをクリックですね!奈良のスイーツを応援させていただきます!

関西ご当地情報グランプリ 2022冬、 みんなが「食べてみたい!」と思うスイーツはどれだ!?

https://area.JAF.or.jp/special/2022/01/sweets/kansai/top

■社  名 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)奈良支部

■住  所 奈良市法蓮町383

■電  話 TEL0742-90-0081

■営業時間 10:00~17:00(土曜・日曜・祝日・年末年始は休み)

※掲載の金額は税込み価格です。

※この記事は取材当時の情報です。