車いすの乗客、支援で連携

全日空、JR東が実証実験

© 一般社団法人共同通信社

車いす利用者が航空券をオンライン予約する際、障害の程度などを入力してもらい、交通事業者間で情報共有する新システムの画面=3日(画像の一部をモザイク加工しています)

 全日本空輸とJR東日本などは3日、車いすで飛行機や電車を利用する人を連携して支援するシステムの実証実験を始めた。航空券をオンライン予約する際、空港や目的地までの移動手段や必要な介助の内容を入力してもらい、交通事業者間で情報共有する仕組み。利用者がそれぞれに連絡する手間を省き、移動のバリアフリー化を促進する狙いだ。

 全日空によると、システムを使って航空券を予約すると、フライトに間に合う電車などの時刻や経路が表示され、利用者は空港までの移動手段を選択。車いすのサイズや重さ、短距離の歩行が可能かどうかも入力する。

 こうした情報をJR東などと共有する。