「0円タクシー」で井原巡って 市内3社、星空などテーマに運行

「0円タクシー」をPRするチラシ

 井原市のタクシー3社が、運賃無料で市内の観光名所を巡る「0円タクシー」を運行している。新型コロナウイルス禍で観光客が減少する中、地域への誘客や消費を喚起するとともに、鉄道駅と各拠点をつなぐ2次交通のニーズを探る狙い。28日まで。

 3社は一丸タクシー、日の丸タクシー、井原交通。「星空」「デニム」「渋沢栄一」などをテーマに、井原線井原駅もしくは市内の宿泊施設を発着点とする2時間半~6時間半の5コースを用意した。市星空公園での天体観測▽特産の井原デニムを使ったクラフト体験▽実業家渋沢栄一ゆかりの酒蔵・山成酒造の見学―などを楽しめる。食事は指定のレストランやカフェを利用する。施設入館料や体験費、飲食代といった実費は必要。

 井原市は昨年のNHK大河ドラマの主人公・渋沢が農兵募集に訪れた地として注目を集めたほか、美星町地区が昨年11月に国際認証制度「星空保護区」に認定されるなど、観光誘客の機運が高まっていることから企画した。

 観光庁の助成金を活用しており、利用客には満足度や改善点を尋ねるアンケートも実施。調査結果は市とも共有し、サービス継続の可否や今後の観光振興策、2次交通の在り方などの検討に役立てる。

 一丸タクシーの鳥越紀男社長は「マイカーやレンタカーを利用できない観光客も井原市を気軽に巡れる。新型コロナの新変異株オミクロン株が流行しているが、感染対策を徹底しながら運行し、地域活性化につなげたい」と話している。

 事前予約制で、問い合わせは同社(0120―366―330)。

© 株式会社山陽新聞社