キリンがミャンマー撤退へ 政変で、損失680億円

オンラインで記者会見するキリンホールディングスの磯崎功典社長=14日

 キリンホールディングス(HD)は14日、ミャンマーで展開してきた国軍系企業との合弁ビール事業の早期解消を目指し、同国から撤退する方針を決めたと発表した。国軍がクーデターを起こした直後の昨年2月に合弁解消を表明したが、キリンが望む形で早期に合弁を解消するのは困難と判断した。株式売却などで6月末までの決着を図る。

 同時に発表した2021年12月期連結決算で、ミャンマー事業に関する減損損失を累計で680億円計上した。

 キリンHDは国軍系企業が事業から撤退することを望み、昨年12月にはシンガポール国際仲裁センターに仲裁を提起していた。

© 一般社団法人共同通信社