G7外相、対ロシアで結束へ 独で週末に緊急会合開催

 先進7カ国(G7)がドイツ・ミュンヘンで今週末に緊急の外相会合を開催する方向で調整していることが16日、分かった。ロシアによる軍事侵攻の懸念が強まるウクライナ情勢について協議し、結束して対応する方針を確認したい考えだ。日本からは林芳正外相が出席を検討している。複数の関係者が同日、明らかにした。

 ドイツは今年のG7議長国。ミュンヘンでは2月18~20日の日程で、欧米諸国の首脳らが参加する「ミュンヘン安全保障会議」が予定されている。この会議に合わせたG7外相の参集が可能と判断し、開催日程を詰めている。

 林氏は会合出席に加え、各国外相らとの個別会談も実施する。

© 一般社団法人共同通信社