金子農相、5日に佐賀訪問 有明海再生で山口知事らと面会

© 株式会社長崎新聞社

 金子原二郎農相が5日に佐賀県を訪れ、有明海再生について山口祥義知事らと意見交換を予定していることが2日分かった。山口知事は有明海再生に向けた国への提案の中で国営諫早湾干拓事業の開門調査を含めた原因究明を求めており、開門問題を巡っても意見を交わすとみられる。
 金子農相は小城市の有明水産振興センターを訪れ、貝類の人工種苗の取り組みなどを視察。その後、太良町で山口知事や有明海漁協幹部らと意見交換する。
 開門問題を巡り、金子農相は昨年11月、就任後初めて佐賀、長崎両県を訪問。その際は佐賀県から「ノリ漁の繁忙期で調整がつかない」などとして山口知事や漁協幹部らと面会できなかった。