JALが沖縄特集 3月の機内食にラフテーやマンゴー 機内誌で北部を紹介

© 株式会社琉球新報社

 日本航空(JAL)が月ごとに日本各地を紹介する取り組み「JALふるさとプロジェクト」で、3月は沖縄を特集する。沖縄観光プロモーション企画を実施するに当たり、JALや沖縄観光コンベンションビューローなどの関係者らが2月28日、読谷村の星のや沖縄で会見した。

 JALの機内誌「SKYWARD」3月号で、世界自然遺産に登録された本島北部の自然を紹介するほか、県産食材を使った機内食などを提供する。

 国内線ファーストクラスの機内食は星のや沖縄の政井茂総料理長がプロデュースした。ラフテーやシマナー(カラシナ)、マンゴーなど県産食材を使ったメニューを提供する。

 旅行商品のJALダイナミックパッケージでは、大石林山や道の駅ゆいゆい国頭の利用券を付けたやんばるツアーを販売する。

 (中村優希)