ひきこもり、立場超え交流

12日にオンラインイベント

© 一般社団法人共同通信社

 ひきこもりの当事者や家族、支援者らが互いに出会い、交流を始めるきっかけにしてもらおうと、12日午後1時からオンラインによるイベントが開かれる。当事者団体「ひきこもりUX会議」が主催し、参加は無料。

 内閣府の調査によると、ひきこもり状態にある人は推計約115万人。長期化、高年齢化が進み、コロナ禍で社会的孤立が課題になっている。

 イベント名は「ひきこもりUXラウンジONLINE」で、関心がある人が誰でも参加できる。ユーチューブと「Zoom」を使い、全国で活動している当事者会や家族会、女子会が対話の場を設けるほか、当事者や家族の体験をまとめた映像も視聴できる。