「差別禁止条例は責務」

広島、ヘイト実態を報告

© 一般社団法人共同通信社

広島の差別実態を報告する「共生フォーラムひろしま」の笹川俊春理事(中央)ら=12日午後、広島市

 広島市に差別禁止条例の制定を求め運動している市民ネットワークが12日、市内で集会を開いた。登壇者が広島の部落差別とヘイトスピーチ、外国人技能実習生の実態を報告し「市民社会の責務として、条例という規範が必要だ」と訴えた。

 NPO法人「共生フォーラムひろしま」の笹川俊春理事は、インターネットの「Yahoo!知恵袋」に残る市内の地域名を記した部落差別書き込みを明示。「抗議してもヤフーは無視したまま。広島法務局に申し立てたが何も答えてくれず、自分たちで何とかするしかない」と話した。