中国南部で旅客機が墜落

132人搭乗、現場捜索は難航

© 一般社団法人共同通信社

中国広西チワン族自治区梧州の旅客機墜落現場周辺を捜索する警察官ら=21日(新華社=共同)

 【北京、香港共同】中国民用航空局や国営メディアによると、132人が乗った中国東方航空の旅客機が21日午後、中国南部の広西チワン族自治区梧州で墜落した。現場は山中で機体は大破したもよう。山火事も発生したという。救援隊が現場に到着したが日没で捜索はさらに難航。多数の死傷者が出ている可能性がある。

 墜落したのは雲南省昆明から広東省広州に向かっていたMU5735便で、機体はボーイング737―800。午後2時半過ぎに墜落した。乗客は123人で、乗員9人。国営メディアによると乗客に外国人はいないとみられる。

 東方航空は21日夜「原因は調査中だ」とコメントした。

中国東方航空のボーイング737の旅客機(共同)

この記事はいかがでしたか?