「大村フラワー大使」2人が決定 おおむら桜・楠さん、花菖蒲・池田さん

© 株式会社長崎新聞社

大村フラワー大使に就任する楠さん(右)と池田さん=大村市コミュニティセンター

 長崎県大村市の魅力をPRする2022年度の「大村フラワー大使」2人が決まった。「おおむら桜」に楠ここのさん(19)=同市富の原1丁目=、「花菖蒲(はなしょうぶ)」は池田美貴さん(30)=同市西乾馬場町=が選ばれた。任期は4月1日から1年間。
 大村市観光コンベンション協会(酒井辰郎会長)が市内在住か勤務の男女を対象に募集。18代目となる今回は13人の応募があり、2月の審査会で決定した。
 2人は14日、市コミュニティセンターで会見。県立大シーボルト校1年の楠さんは栄養健康学科で学ぶ。風景撮影やお菓子作りが趣味で、アスリートの栄養管理に携わる仕事に就くのが夢という。「森園公園の夕日など大村にはきれいな風景が多い。笑顔で魅力を発信していきたい」と抱負。
 池田さんは陸上自衛隊大村駐屯地第4施設大隊の3等陸曹。現役自衛官が同大使に就任するのは初めて。佐賀県出身で「大村の魅力をもっと知りたい」と応募したという。「大村の魅力の一つはボートレースだと思う。持ち前の明るさで楽しく活動していく」と意気込みを語った。
 27日に大村公園で開催予定の「桜まつり」で選彰式が開かれる。