くまモン売上、累計1兆円突破

11年間、21年は1546億

© 一般社団法人共同通信社

中国・上海のくまモン専門店に陳列されたクッション=2021年6月(共同)

 熊本県は23日、県のPRキャラクター「くまモン」を利用した商品の2021年の売上高が1546億円だったと発表した。11年の調査開始から11年間の累計は1兆1341億円に上り、目標の1兆円を突破した。蒲島郁夫知事は定例会見で「11年前はこれほど早く目標に達するとは思わなかった」と述べ、次は2兆円を目指すとした。

 県によると、21年の売上高は食品関連の販売が落ち込み前年比55億円減で、調査開始以来、初の減少となった。新型コロナウイルスの影響が長期化し、インバウンド(訪日客)の土産物需要の低下などが原因とみられるという。内訳は国内1479億円、海外66億円。