保育園おむつ持ち帰り39%

都道府県で大きな差

© 一般社団法人共同通信社

 子育て支援事業を手掛けるベンチャー企業「BABY JOB」(大阪市)は23日、調査で公立保育園があると分かった1461市区町村のうち39%の576自治体で、使用済みおむつを保護者が持ち帰っていると明らかにした。上野公嗣代表取締役は「衛生面で懸念が大きく、園児ごとにおむつを保管する保育士にも負担だ。持ち帰らない選択肢が広がってほしい」と指摘する。

 717自治体(49%)が持ち帰りなしで、園で廃棄するなどしていた。168自治体(11%)が「把握していない」など。2月15日~3月15日に電話で調査した。

 都道府県によって大きな差があることも判明した。