【ウエルシア薬局】ペットボトルのリサイクルに関する実証実験を開始/キリンと

© 株式会社ドラビズon-line

【2022.03.25配信】キリンホールディングスとキリンビバレッジ、およびウエルシア薬局は、「ボトル to ボトル」のリサイクルモデルの確立に向けて、使用済みペットボトル容器回収の実証実験を開始する。6 月から埼玉県内のウエルシア約 190 店舖で順次実施するもの。

実証実験の検証を経て、同エリア内のドラッグチェーン業界に対象拡大予定

今回の実証実験は、ウエルシア薬局が店頭に設置した回収ボックスで使用済みペットボトルの回収・分別し、これをキリンビバレッジがリサイクラーに供給した上で再原料化・再生PETを使用した容器の飲料の製造まで一連のリサイクル工程を管理する。

ウエルシアの店頭に設置した回収ボックスで集められたペットボトルは、協力会社であるアラインのオンラインシステム上で、店舗ごとの回収量およびリサイクラーへの搬入量がリアルタイムに可視化され、一旦ウエルシアの物流拠点へ集められたのち、リサイクラーの遠東石塚グリーンペット社へ搬入される。その後、再生PET原料を製造する工場にて粉砕・洗浄などの工程を経て、ペットボトルの原料として再原料化される。

今回埼玉県内のウエルシア約 190 店舗で実証実験の結果検証を経て、同エリア内のドラッグチェーン業界に対象を広げ、将来的には他の小売業界も含め、業界を問わずに活動の規模を拡大させていく予定。

日本においては、使用済みペットボトルは回収された後、用途を指定せずに売却されることが多いため、ペットボトルからペットボトルへ再生される(ボトル to ボトル)割合は低く、多くが食品トレーや衣類などの他のPET製品に再生されている。こうしたペットボトル以外のPE 製品は、その後繰り返して再生することは困難となる。また、回収される廃ペットボトルの一部にはゴミなどの異物が混在していることも「ボトル to ボトル」を阻害する要因ともなっており、リサイクルに適した廃ペットボトルを安定的に確保する際の課題となっている。

今回、キリングループとウエルシア薬局はプラスチックが循環し続ける社会を目指し、回収した使用済みペットボトルの用途を、確実にペットボトルへの再生に活用するリサイクルモデルを確立することで、「ボトル to ボトル」に向けた社会インフラの拡充を目指す。
今回の件における消費者にとっての利点は、市町村による資源物収集は週一回程度の頻度であることが多く、使用済みペットボトルを収集日まで家庭内で保管しなければならず、保管スペースや美観の視点での不便利であるという課題の解決にある。
毎日営業しているウエルシア店頭での回収により、いつでも持ち込むことが可能となり、消費者自身が持続的な資源循環への貢献を実感していただくことにつながる。

また、「ボトル to ボトル」を実現し、プラスチックを循環し続けるためには、再生 PET 樹脂のコストを低く抑える必要がある。今回ウエルシアは、店舗から物流センターまでの収集を商品配荷の帰り便トラックを活用して効率化することで、回収~運搬~再生に関わるコストを可能な限り抑えて飲料メーカーに受け渡すなど、将来的な取り組みの拡大も見据え、独自の発想で推進する。

キリングループは、2020 年 2 月に社会と企業のレジリエンス強化へ向けた新たなビジョン「キリングループ環境ビジョン2050」を策定し、「容器包装を持続可能に循環している社会」を目指すことを宣言している。また「キリングループ プラスチックポリシー」では、2027 年までに日本国内における PET 樹脂使用量の 50%をリサイクル樹脂にすること掲げている。

ウエルシアは、プラスチック資源循環社会を進めるため 2020 年 9 月より栃木県内店舗店頭でペットボトルの店頭回収の実証実験をスタートし、2021 年 6 月より本格的に栃木県内 56 店舗と 2022 年 2 月茨城県内113店舗の169店舗で「ボトル to ボトル」の取り組みを実施している。今回キリングループと協業の上、ウエルシアの埼玉県内190店舗においても順次開始する。ウエルシアは今後も地域を拡大し PET ボトル資源循環に貢献していく考え。

キリングループとウエルシアは、今回の取り組みにおいて、消費者とともに持続的に資源が循環し続ける社会を目指すとしている。