39都道府県に支援センター

医療的ケア児、22年度中

© 一般社団法人共同通信社

医療的ケア児支援センターの設置状況

 日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが必要な「医療的ケア児」に関し、相談対応や関係機関との連絡調整を担う支援センターを39都道府県が開設済みか、2022年度中の設置を決めたことが26日、共同通信の全国調査で分かった。21年施行の医療的ケア児支援法を機に、多くの自治体で取り組みが進む一方、検討や準備に時間がかかっているところもある。

 ケア児は全国で推計約2万人。相談は医療や教育など多岐にわたり、親が相談先を見つけにくかったり、窓口でたらい回しにされたりすることがある。センターは専門知識のある職員がワンストップで対応し、必要な制度や窓口につなげる。