スケート高木菜那が引退表明

平昌五輪で2冠、妹に感謝

© 一般社団法人共同通信社

引退の記者会見で目頭を押さえるスピードスケート女子の高木菜那=5日午前、東京都新宿区

 2018年平昌冬季五輪のスピードスケートで日本女子初の2冠を達成した高木菜那(29)が5日、引退を表明した。東京都内で記者会見し「今季は自分を信じて攻めたレースができた。心から自分を褒めてあげたいと思えた。諦めずに頑張ってきて良かった」と笑顔で語った。

 高木菜はともに出場した2月の北京五輪で金を含むメダル4個を手にしたエース高木美帆(27)の姉。妹と比較されることが多かったが「最後に高木美帆の姉ではなく、高木菜那として氷の上に立てたことが引退を決意した理由」と一定の達成感を得たことを打ち明け「妹がいたからここまで世界で戦えた」と感謝を述べた。

2018年2月、平昌冬季五輪のスピードスケート女子の団体追い抜きとマススタートで獲得した二つの金メダルを手に笑顔の高木菜那(共同)