大阪市の空室率、8カ月連続悪化

3月末時点の中心部オフィス

© 一般社団法人共同通信社

大阪・御堂筋のオフィス街=2021年4月

 オフィス仲介大手の三鬼商事(東京)が7日発表した3月末時点の大阪市中心部のオフィス平均空室率は、前月比0.07ポイント上昇の5.22%となり、8カ月連続で悪化した。企業の拠点集約や縮小に加え、新築ビルへの移転に伴う大型解約が響いた。

 全6地区のうち「梅田」「心斎橋・難波」の2地区で悪化した。梅田の空室率は0.48ポイント上昇の5.14%で、2016年6月以来の5%台となった。「南森町」「淀屋橋・本町」「船場」「新大阪」の4地区は改善した。

 三鬼商事の広報担当者は「リモートワークの普及で拠点を縮小し、固定費を削減する動きが続いている」と話した。