首相「新興企業に集中投資」

新しい資本主義計画で

© 一般社団法人共同通信社

神戸港のコンテナターミナルを視察する岸田首相(左)=9日午後、神戸市(代表撮影)

 岸田文雄首相は9日、自身が掲げる「新しい資本主義」の実行計画に、最新技術を活用したスタートアップ(新興企業)への支援を盛り込む考えを示した。神戸市内の関係施設を視察後「スタートアップは社会的課題の解決と経済成長の二兎を追っており、新しい資本主義の考え方と一致する。集中的に投資したい」と記者団に語った。

 視察したのは、新しい資本主義の重点投資分野に位置付けるバイオ技術に関する神戸大の研究拠点や、企業に研究場所を提供する施設。スタートアップ経営者らとの車座対話では、資金調達が困難との訴えを受け「踏み込んだ支援策を考えなければならない」と理解を示した。