近鉄あをによし、29日発車 観光特急、需要回復見据え

平城京跡と「あをによし」=12日午後、奈良市

 近畿日本鉄道は、京都と大阪、奈良を結ぶ新たな観光特急「あをによし」を、ゴールデンウイーク(GW)の29日にデビューさせる。新型コロナウイルス禍が続いているものの、同社は今後の観光需要の回復を見据えて導入を決めた。12日、車両内の様子を報道陣に公開した。

 座席は家具メーカーに依頼。他の乗客からの視線が気にならないよう、背もたれを高くし、頭部を包むような形にした。「あをによし」は、和歌で「奈良」にかかる枕詞。都として最盛期を迎えた8世紀の天平年間をイメージし、外装は高貴な色とされた紫色とした。

 乗車するには、運賃のほかに730円以上の追加料金が必要になる。

© 一般社団法人共同通信社