中国、ソロモンと安保協定 米豪、南太平洋の軍事拠点化警戒

オーストラリア、ソロモン諸島

 【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は19日の記者会見で、南太平洋の島国ソロモン諸島と基本合意していた安全保障協定を正式に締結したと発表した。中国艦艇の寄港や軍隊、警察の派遣を認める内容とみられる。軍事拠点化を警戒する米国やオーストラリアが阻止を図っており、中国が締結を急いだ可能性がある。

 米国などの反発は必至で、南太平洋での影響力拡大を目指す中国との主導権争いが激しくなりそうだ。

 中国とソロモン諸島の外相が正式署名したという。汪氏は、安保協定が「第三国に向けられたものではない」と主張した。

© 一般社団法人共同通信社