北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

© 新華社

北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、市民の情報を登録する医療従事者。(北京=新華社記者/鞠煥宗)

 【新華社北京4月25日】中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。

北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。(北京=新華社記者/鞠煥宗)

北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、市民の情報を登録する医療従事者。(北京=新華社記者/鞠煥宗)

北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。(北京=新華社記者/鞠煥宗)

北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を待つ市民。(北京=新華社記者/鞠煥宗)

北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を待つ市民。(北京=新華社記者/鞠煥宗)

北京市朝陽区、核酸検査を拡大 在住・在勤者に3回実施

25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。(北京=新華社記者/鞠煥宗)