【九州高校野球】神村期待の左腕・内堀、投打で本領発揮 決勝進出の原動力に 「スクリューにタイミング合ってない」…九国大付の4番を冷静に仕留める

© 株式会社南日本新聞社

粘り強い投球で完投した神村・内堀=ひなたサンマリンスタジアム宮崎

 鹿児島県王者の神村が、春の選抜8強の九国大付に真っ向勝負を挑み、1点差で競り勝った。勝負強い相手のお株を奪う盤石の試合運び。左腕内堀は2失点の完投、自身のバットで2点目をたたき出すなど本領を発揮した。

 「九国と対戦するなら、みんなの思いを背負える内堀に決めていた」と小田大介監督。内堀は、県予選を通じて初めて先発に抜てきされ、堂々の投球で期待に応えた。130キロ台の直球、スライダー、スクリューボールを自在に操り、相手打線に的を絞らせない。

 5回1死一塁、4番佐倉を迎えた場面では「スクリューにタイミングが合っていない」。冷静に分析して遊ゴロに仕留め、併殺に。「相手の香西投手もよかったので、粘り強く投げられた」と充実した表情を見せた。

 テンポのいい投球は好守備も生み出す。5回は、一塁線を抜けそうな打球を今岡が好捕。9回には、中堅田中が内野と外野の間に落ちそうなフライを、地面すれすれでキャッチした。小田監督は「球際のプレーに気持ちが入っていた」と、無失策の守備陣もたたえた。

 九州大会3試合で、計40安打と打線は好調、投手陣は計7失点と安定している。失策はわずか1で「守りからいいリズムができている」と小田監督。九州制覇へ向けて、進撃は止まらない。

5回表九国大付1死一塁、神村が内野ゴロ併殺に仕留める。遊撃手上迫=ひなたサンマリンスタジアム宮崎
1回裏神村2死一、三塁、相手捕手の二塁悪送球で、三走福田が先制のホームイン=ひなたサンマリンスタジアム宮崎