NY株、一時500ドル超安 金融引き締め観測強まる

 【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日からの下げ幅が一時、500ドルを超えた。午前10時現在は前日比462.12ドル安の3万2535.85ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は241.17ポイント安の1万2076.52。

 朝方発表の4月の米雇用統計で非農業部門の就業者数が前月から増加し、労働市場の堅調さが示されたことから、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めを急ぐとの観測が高まって、売りが先行した。

© 一般社団法人共同通信社