新幹線ビジネスブースを公開 JR東海、利用は9日から

公開された東海道新幹線の最新車両「N700S」内のビジネスブース=7日午前、東京都品川区

 JR東海は7日、東海道新幹線の最新車両「N700S」内に設けたビジネスブースを東京都品川区の車両基地で報道陣に公開した。短時間の打ち合わせやウェブ会議ができる個室として、週明けの9日から利用できる。当面、無料で提供するという。

 ブースは7、8号車間のデッキに設置。利用は7号車の乗客が対象で、1回30分以内で2人まで。ブースのある列車は運行当日の朝にJR東海がホームページで公表、希望者は乗車後に専用のQRコードやブース内の端末で予約する。

 担当者は「ブース内では商談や座席で聞かれたくない会話も周囲を気にせずできる」と強調した。

© 一般社団法人共同通信社