“100歳”ラッコが大往生

国内最高齢の「明日花」

© 一般社団法人共同通信社

国内最高齢の23歳で死んだ雌のラッコ「明日花」(須磨海浜水族園提供)

 神戸市須磨区の須磨海浜水族園は10日、飼育下では国内最高齢のラッコ「明日花」が死んだと発表した。雌の23歳で、人間では100歳相当。老衰とみられる。1999年に同園で生まれ、母親の「パール」と触れ合う姿が人気を呼んだ。

 同園によると10日午前、須磨海浜公園エリアの再開発計画に伴い預けられていた鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)で、長年の担当飼育員にみとられた。明日花はファンが多く、水族園での一般公開最終日には開園前から行列ができ、誕生日には交流サイト(SNS)で祝福のメッセージが届いたという。

 国内で飼育されているラッコは2施設3匹のみとなる。