「朝日新聞」名乗るチェーンメール出回る 朝日新聞「転送や拡散しないで」

© 弁護士ドットコム株式会社

朝日新聞本社ビル(ビーンツリーjr / PIXTA)

「朝日新聞」を名乗るチェーンメールが出回っているとして、朝日新聞社がコーポレートサイトで注意を呼びかけた。

朝日新聞社広報部によると、5月10日に客から問い合わせがあったことで、チェーンメールが出回っている事実が発覚した。その内容は「メッセージを複数の人に転送するよう求めるもの」だという。サイトには、次のような例が挙げられている。

(1)朝日新聞がチェーンメールの拡散性を確かめる為、このメッセージがどのように回るのかを検証中です

(2)朝日新聞がLINEと提携し、LINEスタンプから1000コイン又はお好きなスタンプ1つをプレゼント致します!

朝日新聞社は、このようなメールやメッセージは同社とは無関係で、例のような事実も一切ないとしている。

同社広報部は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「どのような状況でチェーンメールが出回っているのか詳細を把握できておりませんが、拡散、被害を防ぐために、弊社コーポレートサイトにて注意を呼びかけました」と説明。

そのうえで、「不審なメールやメッセージが届いた場合には、転送や拡散などしないようお願い致します」と注意喚起している。

この記事はいかがでしたか?