昼からごくりと一杯いかが?フルーティーな香りに酔う「クラフトビール専門店」(函館市杉並町)

© INCLUSIVE株式会社

雑誌やテレビなどメディアで取り上げられる機会が増え、注目を浴びている“クラフトビール”。全国で次々と新しいクラフトビールの醸造所が誕生しています。小規模な個人経営の店舗から、大手メーカーまで、市場は拡大を続けているそう。

そんなブーム真っただ中のクラフトビールを気軽に楽しめる、函館のお店のご紹介です!

オープンのきっかけはカナダで巡ったブルワリー!クラフトビール専門店「HAPPY AS LARRY」

2021年末にオープンしたばかりのクラフトビール専門店「HAPPY AS LARRY(ハッピー アズ ラリー)」、通称「ハピラリ」さん。

出典: 北海道Likers

お店の場所は路面電車“杉並町”の駅から歩いておよそ1分。函館の繁華街“本町”から歩いても10分ほどなので、はしご酒にも都合の良い場所にあります。

函館出身の店主さんがクラフトビールを好きになったのは、ワーキングホリデーで滞在したカナダでのこと。小さいブルワリーを巡るうちにクラフトビールの魅力に惹かれていったそうです。

お店はカウンターのみで10席ほど。店主さんや隣のお客さんと会話を楽しみながらビールを飲むには、ちょうどいい間取りです。

カウンターは既製品ではなく、店主さんの身長に合わせて高さや幅をゼロから設計したというこだわりぶり。

出典: 北海道Likers

樽のビールは常時数種類の用意があります。注文があるたびに専用の機械で洗浄をしてくれるグラスに、並々注いでくれるので一杯でも満足度が高いです!

出典: 北海道Likers

おつまみは100円~。お手頃価格のアテがあるのも嬉しいポイントです。

柑橘系やりんご!? ビールとは思えないさまざまなフレーバー

出典: 北海道Likers

この日は長野県のクラフトビール『志賀高原』をチョイス。飲んだ瞬間、柑橘系のさわやかな香りが口いっぱいに広がり、後味はまろやかな風味が残る大変美味しいビールでした。

一口に“クラフトビール”といっても本当に多種多様な特徴があります。『志賀高原』のように柑橘系のビールもあれば、りんごをかじった時のようなフルーティーさ、さらには香ばしいと形容したくなるような味わいに出会うこともあります!

ビール好きの方はもちろん、これまで苦手としてきた方にもぜひ一度試してみてもらいたいです。

「ハピラリ」さんのありがたいところは、開店時間が早いところ。営業時間は、平日が16時から、土曜・日曜はなんと13時からです!

外で飲むには気持ちが良い季節になってきた今日この頃。明るい時間から一杯飲んで、夜の街に繰り出してみてはいかがでしょうか。

<店舗情報> ■HAPPY AS LARRY(ハッピー アズ ラリー) ■住所:北海道函館市杉並町23-10 ■電話番号:050-5841-4917

このまちだからできた味わい。絶景のレストハウスからクラフトビールが登場