大技「ジマーマン」使う高3現る 15日のNHK杯体操男子 跳馬に挑む川崎(出水体操ク)に注目

© 株式会社南日本新聞社

体操のNHK杯に、県勢の高校生で初めて出場する川崎大智

 鹿児島県出水市の出水体操クラブの川崎大智(出水商高3年)が、15日に東京体育館であるNHK杯体操の男子種目別跳馬に挑む。全国トップ選手が集う大会に、県勢の高校生として初めて出場。「今できることを出し切りたい。着地でしっかりと立つのが目標」と意気込んでいる。

 前方に3回宙返りする間に、体を半分ひねる大技「ジマーマン」が武器だ。国内の大会ではほとんど見られない技で、日本人選手が挑戦することは珍しいという。

 4月下旬にあった全日本選手権で初めて披露し、予選1回目で着地をピタリと決めた。昨秋の世界選手権銀メダルの米倉英信(徳州会)ら実力者を上回る2位タイに「自信がついた」と話す。この結果で、NHK杯の出場権を獲得した。

 大技ゆえに再現性の向上が課題だ。決勝は着地で手をついてしまい入賞を逃した。「上位に行きたいという欲が出て、気持ちが先走ってしまった」と反省を口にする。

 鹿児島市の谷山体操教室で、4歳から競技を始めた。東谷山中を卒業し、県内強豪の出水商高を選んだ。出水市の練習場兼合宿所で仲間と寝食をともにしながら、技を磨く。松本圭成監督は「体幹や脚力が強く、実直な性格でのみこみも早い」と高く評価する。

 将来の夢は「跳馬で世界一の選手になること」。通過点となるNHK杯は、予選がなくたった一度の演技で勝負が決まる。「点数や順位は意識せず、着地だけに集中したい」と大舞台での活躍を誓う。

NHK杯に向けて練習に励む川崎大智(出水体操クラブ)=出水市下鯖町
NHK杯に向け「練習してきたことを出し切りたい」と話す川崎大智(出水体操クラブ)=出水下鯖町