きらやか銀行、公的資金申請へ

コロナ特例の第1弾に

© 一般社団法人共同通信社

公的資金注入申請の方針を表明したきらやか銀行の看板=13日午後、山形市

 じもとホールディングス(HD、仙台市)傘下のきらやか銀行(山形市)の川越浩司頭取は13日、山形市内で記者会見し「資本増強が必要不可欠と判断した」として、金融庁に金融機能強化法に基づく公的資金注入を申請する方針を表明した。新型コロナウイルス禍で疲弊した地域経済を支える目的で資金注入の条件を緩和した特例制度を活用する方向だ。コロナ特例の申請第1号となる見通し。

 じもとHDは2020年にSBIホールディングスと資本業務提携したが、その後も経営不振が続いていた。公的資金注入が認められれば、地方銀行では14年の豊和銀行(大分市)以来となる。