熊本ヴォルターズ競り負け、PO準決勝第1戦 FE名古屋に88-105

© 株式会社熊本日日新聞社

【熊本-FE名古屋】第3クオーター、ダンクシュートを狙う熊本の磯野(5)=名古屋市中村スポーツセンター(石本智)

 バスケットボールBリーグ2部(B2)は13日、プレーオフ(2戦先勝方式)準決勝第1戦の2試合を名古屋市中村スポーツセンターなどで行い、熊本ヴォルターズ(西地区2位)は、FE名古屋(東地区1位)に88-105で競り負けた。

 熊本は第1クオーター、本村亮輔やジョーダン・ハミルトンが得点を重ねたが、終盤に連続失点し22-35。第2クオーターも一時、20点差まで広げられたが、残り2分15秒からベンジャミン・ローソンが強烈なダンクシュートを決めるなどして48-60で折り返した。

 第3クオーターはゴール下の争いで勝り、ローソンや磯野寛晃の速攻などで73-78と詰め寄ったが、最終クオーター立ち上がりに、またも連続失点し、力尽きた。

 仙台(東地区2位)は香川(西地区1位)を74-60で破り、B1昇格に王手をかけた。

 熊本は14日午後3時から、同会場でFE名古屋との第2戦を行う。勝てばB1昇格の夢は準決勝最終戦(15日午後3時~)に持ち越される。(枝村美咲)

【熊本-FE名古屋】第1クオーター、ゴール下へ切り込む熊本の木田(12)=名古屋市中村スポーツセンター(石本智)
【熊本-FE名古屋】第3クオーター、素早い寄せでオフェンスファウルを奪う熊本の佐々木(24)=名古屋市中村スポーツセンター(石本智)
【熊本-FE名古屋】第4クオーター、レイアップシュートを放つ熊本のピーク(8)=名古屋市中村スポーツセンター(石本智)