感染力強い「BA・2」疑い92% 県内新たに633人確認(鹿児島市278人、霧島64、鹿屋46、奄美33、薩摩川内30、姶良25、出水18、徳之島17、いちき串木野14、伊仙11、伊佐9、枕崎8、南九州8、日置7、曽於7、さつま7、志布志6、肝付6、天城6、南さつま5、大崎4、阿久根3、指宿3、瀬戸内3、長島2、湧水2、錦江2、南大隅2、龍郷2、垂水1、中種子1、喜界1、和泊1、福岡1)新型コロナ・鹿児島13日発表

© 株式会社南日本新聞社

【表】一目で分かる鹿児島県の感染者推移

 鹿児島県と鹿児島市は13日、新型コロナウイルスの感染者を新たに633人確認したと発表した。また県は1人の死亡と南九州市の障害者施設でのクラスターを公表。直近1週間の変異株スクリーニング検査で、感染力が強いオミクロン株の派生型「BA・2」疑いが前週比5.3ポイント増の92.6%だったと明らかにした。

 死亡した1人は遺族の意向で年代、性別、死因は非公表。クラスターは職員3人、利用者8人、その親族1人の計12人が感染した。体調管理や利用者のマスク着用が不十分だった。

 新規感染者の居住地は、鹿児島市が278人、霧島市64人、鹿屋市46人、奄美市33人、薩摩川内市30人、姶良市25人、出水市18人、徳之島町17人、いちき串木野市14人、伊仙町11人、伊佐市9人、枕崎市、南九州市8人、日置市、曽於市、さつま町7人、志布志市、肝付町、天城町6人、南さつま市5人、大崎町4人、阿久根市、指宿市、瀬戸内町3人、長島町、湧水町、錦江町、南大隅町、龍郷町2人、垂水市、中種子町、喜界町、和泊町1人。県外は福岡県の1人。

 年代別は10代105人、40代104人、10歳未満99人と続く。

 累計感染者数は7万2744人になった。12日時点の療養者数は前日比253人増の5272人。うち入院186人(前日比3人減)、宿泊施設入所1049人(57人増)、自宅待機4037人(199人増)。入院のうち重症2人、酸素投与が必要な中等症は23人。

【表】市町村別感染者数
12月26日以降の感染者推移